なぜ乳酸菌だけでは不十分になってしまうか

乳酸菌は非常に優秀です。なぜならその菌類で、多くの方々のお通じなどが改善されているからです。

お通じだけでなく、体調不良の問題点が解消されている事も多いですね。皮膚のお悩みがそれで解消されている事もあれば、風邪に強くなっている事例なども見られます。

もちろんその理由は、お腹に対して働きかけてくれるからです。前者のお通じの問題点は、もちろんお腹の具合が悪くなっているからです。乳酸菌がそこで活躍してくれる事により、を通知が改善される訳ですね。またインフルエンザなどもお腹の中に起因している事が多いのですが、それも乳酸菌が解消してくれる訳です。

ですので多くの方々にとって乳酸菌は非常に頼もしい存在なのですが、私は個人的にはそれだけでは不十分だとも考えています。確かに乳酸菌は私達にとって大事な存在ですが、それだけを摂取するのは考えものだと思うのです。

乳酸菌のみでは栄養が不足してしまう

shutterstock_376923973

そもそも乳酸菌だけを摂取するのでは、明らかに栄養分の偏りが生じてしまうでしょう。私たちが健やかに生きる事ができるかどうかは、やはり十分な栄養分が必要になってくるのですね。1日に30品目以上という話もありますが、それだけ多くの栄養分を摂取しない事には、ちょっと日常生活に支障をきたしてしまいます。

もちろん乳酸菌は摂取するのは、とても良いことだと思います。それを摂取すれば上記のようにお通じが改善されているケースも多々あるので、摂取しないよりは摂取する方が良いと考えます。しかし乳酸菌「だけ」では良くありませんね。乳酸菌だけでは、栄養欠乏になってしまう可能性が大だからです。

乳酸菌の力を引き出してくれる栄養分

それともう1つ大切なのが、乳酸菌が活躍するための成分です。というのも次のような事例が見られるのです。

以前にある方が、乳酸菌のサプリを摂取しました。それによってお通じはだいぶ改善されたのですが、ある日その方は水分を多く摂取するよう心がけてみたのですね。するとそのサプリの効果が、大きくなったのだそうです。水分を摂取する前のサプリの効能が3だとすると、水分を摂取した後には5ぐらいになったようですね。つまり水分が、乳酸菌の本来の力を引き出してくれていた事になります。

ですので、やはり乳酸菌だけでは効果が不足してしまうと思うのです。乳酸菌の他にも十分な水分や栄養分などを補給する方が、だいぶ状況も変わってくるのではないでしょうか。それを考えますと、やはり乳酸菌だけでは不十分だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です